ホーム遺言作成

遺言作成

遺言の種類

遺言は、大きく分けて2つの種類に分けられます。

●普通方式遺言(一般的に利用されているのはこちらです)
●特別方式遺言

普通方式遺言はさらに3種類に分けられます。

種  類 自筆証書遺言
公正証書遺言 秘密証書遺言
作成方法 遺言の全文・氏名・日付
を自書し、押印する
公証人役場で作成し、保管
してもうらう
自分で遺言を作成し、
公証人役場で遺言書
の存在のみを証明して
もらい、自分で保管する。
メリット 簡単・安価に作成できる ・裁判所の検認が不要
・遺言の存在と内容が明確
・保管が確実
・内容を秘密にできる
・遺言の存在が明確
デメリット ・裁判所の検認が必要
・要件不備により無効と
 なり紛争が起こりやすい
・紛失しやすい
・費用がかかる
・内容を完全に秘密にする
 ことができない
・証人が2人必要※
・裁判所の検認が必要
・要件不備により無効と
 なり紛争が起こりやすい
・紛失しやすい

※費用はかかりますが、公証役場で証人の手配もしてもらえます。

将来争わないために…

●子どもも両親もいないので、兄弟姉妹に相続権があるが配偶者に財産を全部あげたい
●相続人が将来争わないために、財産の分け方を決めておきたい
●相続人の中に行方不明者がいる
●相続人以外のお世話になった方に財産をあげたい
●有効な遺言書を作りたい

今や相続争いはお金持ちの世界だけの話ではありません!
遺言を作成したい理由は人それぞれ異なり、財産の金額はあまり関係ありません。

遺言を書いたからと言って、100%相続人間の争いが起きないわけではありませんが、少なくとも自分の意思を残された相続人に伝えることはできます。
また遺言があることで、相続人全員から遺産分割協議書や印鑑証明書を集めることなく、名義変更の手続きができます(ただしケースにより手続き方法や必要書類が変わってきますので、司法書士や法務局などの専門家に相談されることをお勧めします)。

残された相続人のためにも、有効な遺言を残しておく必要があります。
そのため、3種類の遺言の中で一番おすすめなのが「公正証書遺言」です。

公証人の先生に作成・保管を依頼するため費用がかかってしまいますが、家庭裁判所の検認の必要がないため相続人の負担も軽く、紛失・偽造される心配もありません。

遺言を書くべきか悩んでおられましたら、ご相談だけでも構いませんので、一度当事務所へご相談ください!
ページの先頭へ